nano-blog

学びの集積

0052冊:力と交換様式(著:柄谷行人、岩波書店)

2022年10月初版の柄谷行人氏による最新の著作。「交換様式」を軸に、マルクス、フロイト、ヘーゲル、カントといった哲学界の巨人の考えを参照しながら、縦横無尽に世界を読み解く内容で、知的好奇心を刺激される力作だ。 僕の理解では、本書を理解するために…

0051冊:実力も運のうち 能力主義は正義か?(著:マイケル・サンデル、訳:鬼澤忍、早川書房)

日本でもすっかり有名になったマイケル・サンデル教授による、能力主義(メリトクラシー)の実態と論点について切り込んだ本。 本書を読むと、驚きと発見がいっぱいだ。米国のメリトクラシーについて書かれた本だが、日本に住む僕らにもメリトクラシーという…

0050冊:CEO Excellence: The Six Mindsets That Distinguish the Best Leaders from the Rest(Carolyn Dewar / Scott Keller / Vikram Malhotra著、Nicholas Brealey Publishing)

マッキンゼーのシニアパートナー3名による共著。優れたCEOを200名抽出し、そのうちの数十名に直接インタビューして、優れたCEOの取り組んでいる仕事は何か、そしてそれらの仕事にどんな考えを持って取り組んでいるのかを明らかにした本。 既にCEOとして日々…

アンテナを磨くことの重要性

自分のやりたいことや得意なことをやろう、という話はよく出てくる。自分を抑圧せず、自由に考え、行動しようと。だが最近思うのは、多くの人は自分のやりたいことや得なことを抑えているわけではなく、自分のやりたいことや得意なこと自体がよくわからなく…

適合力と適応力のジレンマ

適合力と適応力。どちらもとても大事な力だ。この2つは一文字違いで似ているように見えるが、実は全く異なるベクトルの能力であり、この2つの力をどのようにバランスさせていくかが、個々の力を高めていくこと以上に重要となる。 僕の定義では、「適合力」と…

0049冊:現代フランス哲学入門(川口茂雄/越門勝彦/三宅岳史 編著、ミネルヴァ書房)

「きちんと知りたい」に応える、というシンプルなテーマで書かれた現代フランス哲学に関する入門書。19世紀以降の120名ものフランス哲学者を紹介している。 この本が素晴らしいのは、「きちんと知りたい」がちゃんと徹底されていることだ。つまり、とてもわ…

0048冊:教養のためのブックガイド(小林康夫/山本恭編、東京大学出版会)

東京大学教養学部が新入生に向けて編纂したブックガイド。 東京大学で教鞭をとる教授陣が各パートで新入生に読むべき本を紹介していくというコテコテのブックガイドであり、かなりハードルが高そうに見える。事実、有名どころから本格派まで、あらゆるジャン…

「武器を身に付ける」こと以上に、「武器の使い方を磨く」ことが重要だ(後編)

前編はこちら↓

0047冊:活字中毒養成ギプス―ジャンル別文庫本ベスト500 (ぼくらはカルチャー探偵団編集、角川文庫)

1988年に発売された絶版本。活字中毒養成ギブスというインパクト抜群なタイトルに惹かれて古本で入手。 副題にある通り、ジャンル別に識者がお勧め本を紹介するという、いわゆるブックガイド的な内容。レベルの違う本読みが、僕など聞いたこともないような本…

マーケットから直接雇用される状態を目指そう

マーケットに直接雇用される人になると、選択肢が広がり、とても自由になる。これは僕がこれまでの経験から強く実感していることだ。起業や独立を考えておらず、当面は組織に所属する予定の人でも、マーケットから直接雇用されることをとりあえず目指してお…

0046冊:100年予測(ジョージ・フリードマン著、櫻井祐子訳、早川文庫)

地政学の観点から国際関係の将来を見通す、ストラテジストとして世界的に著名なジョージ・フリードマンによる一般向けの著作。出版は2014年と、この手の本としてはかなり時間が経ってしまっているが、まだまだ価値を失わないのは流石は「影のCIA」である。 1…

0045冊:スミス・マルクス・ケインズ よみがえる危機の処方箋(ウイルケ・ヘルマン著、鈴木直訳、みすず書房)

タイトル通り、経済学の三大巨人にフォーカスを当てた本。経済学が、現実の経済から離れて過度な理論追求を進める風潮にあると強く批判した上で、各時代の経済的な課題に対し最適解を出そうとたスミス・マルクス・ケインズを振り返ることの重要性を著者は指…

マネジメントへの報告は何故上手くいかないのか?

会社で働くようになってから数年経つと、僕は段々と「組織において高い階層にいる人(=マネジメント)」へと報告する機会が増えてきた。が、全然上手くいかない。相手の聞いてきていることが、なんだかこっちの報告したいこととズレているような気がするし…

0044冊:直感力(羽生善治著、PHP新書)

将棋のトップ棋士である羽生善治さんが、これまでの棋士人生で磨き上げてきた直感力について書いた本。 羽生さんの書かれた本では、「決断力」や「大局観」も有名で版を重ねており、こちらも名著には違いないが、僕はこの「直感力」が最も面白いと思う。何故…

カイ・グリーンに学ぶ究極の目的思考

僕は健康維持+αくらいのレベルで筋トレをしており、トレーニング方法を学ぶためにたまにYoutubeでトレーニングの解説動画を見る。 そんな中で以前、以下の動画に出会った。カイ・グリーン(Kai Green)というアメリカのボディビルダーが自身のトレーニング…

0043冊:詩学(アリストテレス著、三浦洋訳、光文社古典新訳文庫)

優れたストーリー創作の本質を描くアリストテレスの名著。「詩学」という名前から現代の僕らは「詩 (poetry)」のことを取り上げている本だと考えてしまうが、古代ギリシアでは創作全般を「ポイエーシス」と呼んでおり、本書は本来創作全般を扱うことを企図し…

リスキリングで重要なこと

「リスキリング」という言葉の注目度がどんどん上がっている。政府も5年間で1兆円をリスキリングに投じるそうだ。 2023年度予算案では岸田政権の看板政策「人への投資」を強化し、賃上げへの好循環をつくり出すことを目指す。5年間で1兆円を投じる計画…

データ分析でデータの海に埋もれないために気を付けていること

経営戦略立案や経営企画の業務に取り組んでいると、膨大なデータを扱い、整理した上で示唆を出すことを求められる場面がよくある。 その際に絶対に忘れないようにしていることは、「データをいじくり回す前に仮説を立てること」だ。これが唯一の鉄則で、この…

0042冊:生涯投資家(村上世彰著、文春文庫)

「村上ファンド」の名で一世を風靡した村上世彰氏が自ら筆を執り、自身の投資哲学やこれまでの活動を記した本。 著者の村上世彰氏というと、2000年代前半あたりは特にメディアに取り上げられることが多く、(僕は当時何も知らないガキんちょではあったが)物…

お知らせ(2023年1月4日)

読書好きなので、これまでは書評・読書録を主に投稿してきましたが、2023年から試験的に本系以外の学びについても幅広く投稿していく予定です。 加えて、今年はもう少し頻度高く更新していき、学びを積み重ねていきたいと考えているので、はてなブログProへ…

0041冊:ウォール街のランダム・ウォーカー(バートン・マルキール著、井出正介訳、日本経済新聞出版社)

インデックス投資の種本とも言うべき株式投資に関する不朽のベストセラー。序盤からテクニカル分析やファンダメンタル分析といった有力とされている手法を片っ端からぶった斬り、市場平均に勝てる投資家はほぼ存在しないことをデータを使って証明していった…

0039‐40冊:ネット興亡記 1・2(杉本貴司著、日経ビジネス人文庫)

文庫で上下巻の計2冊。添付の画像は上巻。本屋で目にし、楠木健さんと富山和彦さんが推薦という帯に惹かれ、中身をパラパラ見たら結構面白そうだったので購入。 今はもう有名人となっているIT業界の起業家たちが、若いころにどんなビジネスから手を付け、紆…

0038冊:MBAバリュエーション(森生明著、日経BP実践MBA)

実務でバリュエーションに関わったので、知識の欠損がないか簡単に振り返るために再読。初版は2001年と20年以上前だが、廃れるような内容ではないことに加え、読み手を腹落ちさせるために実務家の視点に徹して記述している本書は、今でもバリュエーション関…

0037冊:オスとは何で、メスとは何か?(諸橋憲一郎著、NHK出版新書)

少し前に本屋で話題の書として展開されていたので気になって購入。オス(男)とメス(女)という、何となく常識として受け入れてしまっている二元論を打ち壊してくれる本。 本書を読む前は、オスとメスという生物的な区別は明確なものだと無意識に考えてしま…

0036冊:戦略プロフェッショナル(三枝 匡著、ダイアモンド社)

言わずと知れた名著。20代前半に読んだ記憶があるが、当時は仕事経験が少なかったこともありあまりピンと来ず、今読み返したらもっと学びが得られるだろうと考え購入。 この本に対して、「基礎的なフレームワークしか使われておらず、今のビジネスの現場では…

0035冊:原始仏典(中村元著、ちくま学芸文庫)

原始仏典(中村元著、ちくま学芸文庫)※筑摩書房HPより引用 仏教思想・インド哲学の大家である中村元氏が、原始仏教の経典を取り上げ、その要点を平易に解説している本。仏教の経典を自分で一から読み下していくことに高いハードルがある僕のようなアマチュ…

0034冊:ギリシア人の物語 Ⅰ(塩野七生著、新潮社)

「ローマ人の物語」の著者である塩野七生さんが古代ギリシアの歴史を物語としてまとめた本。当時の人物や出来事が生き生きと描かれており、まるでついこの間起きたことだったかのように感じられる。古代ギリシア人の話は地理的にも時代的にも遥か遠くの出来…

0033冊:神田神保町書肆街考(鹿島茂著、ちくま学芸文庫)

本書をひと言で表すなら、神保町マニアによる神保町マニアのための本だ。おそらく一度も神保町を訪れたことのない人は、この本をなかなか楽しめないだろう。こんな小さな街の歴史が詳細に書いてある本の何が楽しいのかと。しかし神保町に幾度か訪れたことの…

0032冊:勉強の哲学(千葉雅也著、文春文庫)

哲学者の千葉雅也氏が書いた勉強論。勉強の方法論にも言及している点では実学書のようにも見えるが、一方で「勉強」という、僕たちが普段は普通に受け入れている言葉を深く掘り下げ、その働き・意味を取り出しているという点では、この本の真の姿は「哲学書…

0031冊:お金は寝かせて増やしなさい(水瀬ケンイチ著、フォレスト出版)

インデックス投資家の水瀬ケンイチさんが書いた、インデックス投資の王道を説いた本。インデックス投資の特性や具体的な取り組み方について、とても平易に記載されている。 僕自身は前からインデックス投資を継続しているので、正直言うとこの本を読んで何か…